耳鼻咽喉科での主な病気と症状

主な耳の病気と症状

●主な耳の病気
  • 外耳炎
  • 中耳炎
  • 耳あか
  • 難聴
  • 耳鳴症
  • めまい症
  • 突発性難聴
  • メニエール病
  • 耳管狭窄症
  • 耳管開放症
  • 耳の腫瘍 など
●よくある症状
  • 耳が痛い
  • 耳がかゆい
  • 耳だれが出る
  • 耳あかがたまる
  • 聞こえが悪い
  • 耳がつまった感じがする
  • 耳鳴りがする
  • めまいがする
  • 音がひびく

主な鼻・顔面(かお)の病気と症状

●主な鼻・顔面(かお)の病気
  • 鼻かぜ
  • 花粉症
  • アレルギー性鼻炎
  • 副鼻腔炎(ちくのう症)
  • 鼻出血
  • 鼻茸(鼻のポリープ)
  • 鼻中隔弯曲症
  • 鼻・副鼻腔の腫瘍
  • 顔面神経麻痺など
●よくある症状
  • 鼻水が出る
  • 鼻がつまる
  • くしゃみが多い
  • 鼻が痛い
  • 鼻血が出る
  • 鼻がくさい
  • においがわからない
  • 鼻がムズムズする
  • 顔が痛い
  • 頭が重い・痛い
  • 顔が腫れている
  • 顔の動きが悪いなど

主なのど・口(くち)の病気と症状

●主なのど・口(くち)の病気
  • 咽頭炎(のどかぜ)
  • 扁桃腺炎
  • 喉頭炎
  • 声帯ポリープ
  • 嚥下障害
  • 咽頭異物
  • のどの腫瘍
  • 口内炎
  • 口腔乾燥症
  • 舌痛症
  • 味覚障害
  • 口腔の腫瘍など
●よくある症状
  • のどが痛い
  • のどに違和感がある
  • のどがつまる感じがする
  • 咳や痰が出る
  • 声がかれる
  • 飲み込みにくい
  • のどに魚の骨がささった
  • 口の中が痛い
  • 口がかわく
  • 味がわからない
  • 口の中に出来物があるなど

主な頚部(くび)・その他の病気と症状

●主な頚部(くび)・その他の病気
  • 甲状腺疾患
  • 頚部リンパ節炎
  • 頚部の腫瘍
  • 耳下腺腫瘍
  • 唾液腺炎
  • 唾石症
  • ムンプス(おたふくかぜ)
  • 睡眠時無呼吸症候群など。
●よくある症状
  • くびが腫れている
  • くびにグリグリが出来た
  • 耳の下が腫れる
  • いびきがひどい
  • 寝ているときに息が止まる
  • ことばが遅れている
  • 発音がおかしいなど

小児の急性中耳炎

どのような中耳炎か
鼓膜の向こう側にある空洞を中耳と言い、中耳は耳管という管によって、鼻の奥とつながっています。かぜなどが原因で、鼻やのどの細菌やウイルスが、その耳管を通って中耳に入ることで急性中耳炎が起こりますが、子供が大変かかりやすい病気です。
症状
典型的な症状は、耳の痛み・耳だれが出ることですが、乳幼児では、機嫌が悪い・急に泣き出す・耳をよくさわるなどが症状の表現となります。
また、発熱を伴うことも多く、38.5度以上の高熱が出ることもあります。
治療
近年は、お薬が効きにくい細菌による急性中耳炎が多く、特に病気に対する抵抗力の未熟な2歳未満の乳幼児や保育園に通っている子供さんでは、治りにくくて、繰り返しやすい傾向がありますので、重症度に応じて適切な治療法を選択することが重要となっています。
治療法としては、適切な抗菌薬の服用と耳の洗浄・鼻汁の吸引除去が基本となりますが、重症の場合は、鼓膜に小さな穴を開けて、中耳にたまっている膿を出すこと(鼓膜切開と言います)もあります。鼓膜の穴は、自然にふさがりますので心配ありません。また、頻回に繰り返す場合には、鼓膜の小さな穴に換気のためのチューブを入れる手術をおこなうこともあります。

滲出性中耳炎

どのような中耳炎か
鼓膜の向こう側にある空洞を中耳と言い、滲出性中耳炎とは、その中耳に水(滲出液)がたまって、聞こえが悪くなる中耳炎です。
中耳は、耳管という管によって、鼻の奥とつながっており、圧が変わると、耳管を通じて、鼻の方と空気の換気をしていますが、その耳管の換気が悪くなると、中耳に陰圧がかかり、徐々に水(滲出液)がにじみ出て、たまってきます。
小児では、もともと耳管の働きが未熟であるため、耳管の換気が悪くなりやすく、滲出性中耳炎が治りにくかったり、治っても繰り返す場合があり、ごく一部は、真珠腫性中耳炎や癒着性中耳炎という、さらに重症な中耳炎へ移行することがあります。
原因
耳管が悪くなる原因としては、急性中耳炎・かぜ・副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎などによる炎症や、鼻の奥にあるアデノイド(扁桃腺の一種)の肥大などがあります。鼻すすりの習慣も要因の一つになります。
症状
耳の痛みや熱が出ることはまれで、主な症状は、難聴(中耳にたまった水によって、鼓膜の振動が悪くなるため)や耳閉感(耳がつまった感じ)ですが、小さな子供さんでは、自分から症状を訴えない場合も多く、呼んでも返事をしない・テレビの音が大きい・よく耳をさわるなどが病気を疑う徴候となります。
治療
まず、鼻汁の吸引除去などの鼻処置と飲み薬による保存的治療をおこないますが、治りが悪い場合は、鼓膜に小さな穴を開けて、たまっている水を出す治療(鼓膜切開と言います)もおこないます。
鼓膜切開を数回おこなっても治らない場合や再発を繰り返す場合には、鼓膜の小さな穴に換気のためのチューブを挿入する手術(鼓膜チューブ留置術)をおこない、アデノイドの肥大がある場合は、アデノイド切除術も必要となります。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎イメージ

アレルギー性鼻炎とは、ハウスダスト、花粉などの原因物質(アレルゲン)に対するアレルギーがある方が、鼻の中にこれらのアレルゲンを吸い込むことで、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状をおこす病気です。

ダニ・ハウスダストなどが原因となって、1年中症状がおこる通年性アレルギー性鼻炎と、スギ・ヒノキなどの花粉が原因となって、決まった季節だけに症状がおこる季節性アレルギー性鼻炎(いわゆる花粉症のことです)に分類されます。

治療法について
(薬による治療)
一般的に治療の中心になるのは、薬による治療で、内服薬、鼻にスプレーする点鼻薬を症状に合わせて用います。
ひと昔前は、薬によって眠気やのどの乾燥などを生じることもありましたが、現在は、これらの副作用もほとんど起こらない薬が開発されています。また、一部の薬を除いて、長期に服用しても体への影響もほとんどありませんので、安心して服用していただけます。
(手術による治療)
薬による治療で効果が少ない場合や薬の服用を出来るだけ減らしたい場合には、手術による治療もおこないます。
一般的におこなわれている手術は、レーザーなどで鼻の中の下甲介という場所の粘膜を焼く手術(下甲介粘膜焼灼術と呼びます)です。この手術は、日帰りで安全にできる治療法で、約20分程度で終わります。ご希望の方には、予約制でおこなっております。
さらに、下甲介粘膜焼灼術をおこなっても症状の改善が少ない方には、下甲介の骨を切除する手術、鼻水を分泌する神経を切断する手術などをおこなうことが出来ます。これらの手術では、数日の入院が必要となりますので、適切な提携病院を紹介させていただきます。

花粉症

花粉症イメージ

スギ・ヒノキなどの花粉が原因となって、花粉が飛んでくる季節にだけ症状がおこる季節性アレルギー性鼻炎を花粉症と呼びます。花粉に対するアレルギーのある方が、鼻の中に花粉を吸い込むことで、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの鼻症状を起こし、目の中に花粉が入ると目のかゆみなどの眼症状も起こします。

また、のどや気管支に花粉を吸い込むと、のどのかゆみや咳の原因にもなります。

年々増えている花粉症
花粉症の患者数は年々増えており、春のスギ・ヒノキ、春の終わりから夏のイネ科の雑草、秋のキク科の雑草など、花粉の種類は様々ですが、特にスギによる花粉症は、今や日本人の約4人に1人が発症しているといわれています。
治療法について
(薬による治療)
一般的に治療の中心になるのは、薬による治療で、内服薬、鼻にスプレーする点鼻薬を症状に合わせて用います。
薬による治療は進歩しており、「初期療法」(花粉が飛び始める少し前から、薬の服用を始める治療法)をおこなうことで、症状を抑えることが可能になってきています。ひと昔前は、薬によって眠気やのどの乾燥などを生じることもありましたが、現在は、これらの副作用もほとんど起こらない薬が開発されています。
また、一部の薬を除いて、長期に服用しても体への影響もほとんどありませんので、安心して服用していただけます。
(手術による治療)
薬による治療で効果が少ない場合や薬の服用を出来るだけ減らしたい場合には、手術による治療もおこないます。
一般的におこなわれている手術は、レーザーなどで鼻の中の下甲介という場所の粘膜を焼く手術(下甲介粘膜焼灼術と呼びます)です。この手術は、日帰りで安全にできる治療法で、約20分程度で終わります。
ご希望の方には、予約制でおこなっております。治療をおこなう時期としては、花粉が飛び始める前におこなうのが望ましいと考えられています。

舌下免疫療法

アレルギーの原因となる物質(アレルゲンと言います)を舌の下に少量ずつ毎日1回服用することで、体質を徐々に改善して、アレルギーを根本から治す可能性のある治療法です。

従来からの注射による免疫療法と比較して、安全性が高く、痛みもなく、頻回の通院も不要です。(はじめの1ヶ月は月2~3回、その後は月1回の通院です。)

治療効果が出るまでに、少なくとも数ヶ月かかり、長く続けるほど徐々に効果が高まっていく治療法です。まず1~2年間続けて、効果のある場合は3~5年間続けることが望ましいです。

舌下免疫療法についての詳細はこちら

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群イメージ

睡眠中に何回も呼吸が止まり、ぐっすり眠ることができない病気です。潜在的な患者数は人口の2~3%といわれ、決してまれな病気ではありません。睡眠中に体が酸素不足に陥ることによって、高血圧や心筋梗塞などの循環器疾患・脳卒中などを合併しやすいことが明らかとなってきております。また、日中の眠気のために、仕事に支障をきたしたり、居眠りによる事故の発生率を高めたりするなど、社会生活に重大な悪影響を引き起こします。

当院では、簡易の検査機器をお持ち帰りいただき、ご自宅で簡単に睡眠の呼吸状態や血液中の酸素濃度などを測定し、無呼吸の程度を調べることができます。その結果、重症の方には、CPAP療法(鼻から空気を送り込む機器を装着して寝ることで気道を広げて、無呼吸を改善する治療法)をおこない、さらに詳しい精密検査が必要となった場合には、専門病院を紹介させていただいております。

大きないびきをかく、日中とても眠い、起床時に頭痛やだるさがあるなどの症状がある方は、お気軽にご相談ください。なお、子供さんの場合は、多くは、扁桃腺やアデノイドの肥大が原因であり、これらを手術にて切除すれば改善します。その場合、提携病院での手術を紹介させていただきます。

各種検査

  • 電子ファイバースコープ(内視鏡)検査
  • 聴力検査、鼓膜の動きの検査、ことばの聞き取り検査
  • レントゲン検査(耳・鼻・のど・頚部)
  • 平衡機能検査(めまい検査)
  • 血液検査【アレルギー検査、甲状腺機能検査、一般採血検査など】
  • 迅速検査【インフルエンザ、A群β溶血性連鎖球菌(溶連菌)、アデノウイルス】
  • 嗅覚検査
  • 携帯用睡眠時無呼吸検査

予防接種

現在、インフルエンザのみ実施しております。
例年10月15日から翌年の1月31日まで、予約制で実施しております。詳細は毎年「当院からのお知らせ」欄にて、ご案内致します。

補聴器のご相談

補聴器を使用する上で大事なことは、患者様それぞれの聞こえの状態に応じて、適切な補聴器の調整をすることです。
当院では、聴力の状態を詳細に調べた上で、信頼のおける補聴器専門店を紹介させていただきます。補聴器の貸し出し・試聴もおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

このページトップへ

  • 順番予約はこちら
  • オンライン順番予約について
  • 問診票のダウンロード
  • 舌下免疫療法について
  • ドクターズファイル

京本耳鼻咽喉科の概要

診療時間
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
受付時間は、診療時間の開始30分前からです
休診日
木曜午後、土曜午後、日祝
資格
  • 医学博士
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定 耳鼻咽喉科専門医
  • 厚生労働省認定 補聴器適合判定医
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定 補聴器相談医
  • 身体障害者福祉法 第15条指定医
当院までの交通
寝屋川市萱島信和町21-30 シャルム萱島1F
京阪電車「萱島駅」西口より徒歩1分

»詳しくは、こちら

京本耳鼻咽喉科周辺地図